本文へ

彩都歯科通信

歯の変色について

歯の変色は、
①外因性(歯の表面の変色)
②内因性(歯そのものの変色)
に分かれます。

まず①の原因としてはコーヒー・紅茶・ウーロン茶・赤ワイン、カレーなどの色素の濃い飲食物の反復摂取やタバコのヤニなどが挙げられ、歯の表面に色がつくこと(着色)で変色してきます。
着色については歯科医院の器具でポリッシング(歯面研磨)をすることで改善することができます。
※ただし、着色以外の変色(虫歯や詰め物自体の変色)については、削って詰め直す必要があります。

次に②の原因についてです。
○加齢による黄ばみ。
○歯の神経が死んでいる場合。(根の治療をした歯や、打撲による神経の退行性変化)
○テトラサイクリン歯(テトラサイクリン系の抗生物質を永久歯の形成期に多く摂取することで、灰色や茶褐色、赤褐色へ変色することがあります。)
などが挙げられます。

変色の程度によってホワイトニングで改善できるものもありますが、被せ物による治療が必要な場合もあります。原因によって治療方法も異なってくるため、歯の変色が気になった場合は歯科医院受診時にご相談下さい。

彩都歯科クリニック 歯科医師 根東 愛

24時間ネット予約
恵愛クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック
彩都西歯科クリニック
クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
診療時間

毎日10:00~13:00、15:00~20:00

19:30受付終了

休診日:祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

休診日のご案内 

舌の痛み特設サイト

ひかり歯科通信

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集