彩都歯科ブログ
BLOG
TOPページへ  »  彩都歯科ブログ一覧へ

歯医者さんで「これは神経を取らないとだめですね」と言われた経験はありませんか?

歯の神経を取るとはどういうことなのでしょうか?
またどんなときに取らないといけないのでしょうか?

わかりやすく解説していきます。

歯の神経を取るとはどういうこと?

歯の神経は“歯髄”ともいわれる組織です。

 

歯髄は歯に水分や栄養、酸素などを送り込む役割を果たします。

また歯髄は、むし歯など歯に異常が起こった際に痛みを感じさせます。

神経を取るとは、この歯髄をリーマーやファイルという針のようなもので取り除くことです。

神経がなくなってしまうと、痛みを感じることはもうありません。

 

神経を取らないといけない4ケース

では、どのような場合に神経を取らないといけないのでしょうか?

 

【1】大きなむし歯ができたとき
小さなむし歯の場合は、削ってプラスチックを詰めたり、インレーと呼ばれる詰め物を入れる治療をします。

しかしむし歯が神経の部屋まで到達した場合は、神経を取らないといけません。神経を取ると痛みも感じなくなります。

 

【2】歯が大きく欠けたとき
転んでしまったり、何らかの原因で歯が大きく欠けたとき、場合によっては神経を取らないといけないときがあります。

 

【3】歯周病が進行したとき
歯周病が進行して歯を支えている周りの骨がなくなってしまうと、根っこの先からばい菌が入って歯が痛くなるときがあります。

この場合も神経を取る必要があります。

しかし治療しても予後はあまり良くないことが多いです。

 

【4】ブリッジ治療などが必要になったとき
何らかの原因で歯を抜かなければならなくなった後、その部分を補う治療方法の一つに「ブリッジ治療」があります。

ブリッジをする場合は支台となる歯を大きく削る必要があるため、治療後にしみたり痛みが出ないように予め神経を取ることが多いです。

 

神経を抜くことのデメリット

歯の神経をとってしまえば、それまで感じていた痛みから開放されます。

しかしデメリットもあります。

例えば歯に栄養や水分が行き渡らなくなるため、歯が死んだ状態(失活)になります。

 

この状態で時間が経過すると歯は乾燥していきます。

そうすると硬いものを噛んだときなどに割れてしまうリスクが高くなります。

根の先まで割れたりヒビが入った場合は、抜歯しなければなりません。

 

また神経がなければ痛みを感じることがないため、またむし歯になってしまったときに気づかずにかなり進行してしまうこともあります。

 

神経を取ることはデメリットもあるため、定期的に検診を受けてむし歯がないかチェックしてもらいましょう。

 

彩都歯科クリニック 院長 太田 千賀

 
診療時間
診療時間
10:00-13:00
15:00-20:00
24時間WEB予約が可能です
インターネット予約はこちら
親知らずの抜歯など歯科口腔外科
舌の痛みや舌が痺れるなど
当院に寄せられるよくあるご質問
子供の矯正歯科なら
大人の矯正歯科なら
彩都歯科クリニックの求人情報
関連医院のご案内
ひかり歯科クリニック山手台院
ひかり歯科クリニック 山手台院

大阪府茨木市山手台3-30-30
スーパーツジトミ内

ひかり歯科クリニック摂津院
ひかり歯科クリニック 摂津院

大阪府摂津市別府3-16-1
スーパーコノミヤ内

ひかり歯科クリニック枚方院
ひかり歯科クリニック 枚方院

大阪府枚方市岡本町7-1
ビオルネB1F

彩都西歯科クリニック
彩都西歯科クリニック

大阪府茨木市彩都やまぶき2-1-10
類彩都ビル2F

新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック

大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21
ホーククレセント第2ビル1F

恵愛クリニック(内科・小児科)
恵愛クリニック(内科・小児科)

大阪府茨木市彩都あさぎ1-2-1
ガーデンモール彩都内

野田駅前歯科クリニック
野田駅前歯科クリニック

大阪市福島区吉野3-1-39
福島~野田駅間高架下

茨木ひかり歯科クリニック
茨木ひかり歯科クリニック

大阪府茨木市城の前町2-1
イオンタウン茨木太田店内

治療別特設サイトご案内